天然塩を使用して毛穴ケアを毎日行う、低価格で効果あり!

肌ケア5
海水が肌にいいって聞いたことはないですか。アトピーの人なんかにもかゆみを軽減させる、そして肌をなめらかにする効果はあるし、もしも擦過傷などがひどい場合、その傷をいやすこともできる。海水つまり塩水にはそのような効果があるのです。それを応用して、肌のケアに塩水を使用する人も少なくありません。

 

先ず使用する塩ですが、必ず天然塩を使用しましょう。精製塩は肌への影響は良くないそうです。天然塩はミネラル成分もしっかり残っていますし、多少粒子が荒いことも多いのですが、この粒子がメリットになることもあります。
そして使用する量は、パックの場合は、塩スプーン一杯に対して水2杯で溶きます。この割合を覚えておくと応用が出来るので、いいですよ。そしてゆっくり塩を溶かして、それを顔の表面に塗っていくのです。ゆっくり時間をかけてマッサージしていきましょう。天然塩の粒子が残っている場合には、それがスクラブ効果となり、肌表面の凸凹を改善させたり、また古い角質を取り除くという効果があります。また毛穴に汚れが詰まっているという時にも、その塩の粒子が毛穴汚れをかき出してくれるので、きれいになることが期待できます。ただ大きな粒子がたくさんあると、肌を傷つける原因にもなるので、ある程度は溶かしておかなくてはいけません。
またミネラル分が入っているので、肌の余計なものを失うことはありません。そして反対に潤いを残すことが出来るのです。
実際に塩で洗ってみましょう。塩を溶かし、顔の表面に塗ります。この時毛穴は開いていた方がいいですね。そしてゆっくりマッサージをしながら、肌に乗せていくのです。時間は特に決まってはいません。好きなだけ行うことが可能です。そしてある程度マッサージをしたら、今度は洗い流すだけです。この時しっかり洗い流した方がいいですね。

 

塩マッサージのポイントは、始める前にシャワーをする、温タオルなどで顔の毛穴を開いておくこと。そしてメイクなどをしていた場合にはメイクを先に落としておくことが大切です。それから、塩をゆっくり塗りこんでいくことです。サラサラな塩水は流れ落ちていくので、ある程度硬さがあった方がいいですね。それが上記に示した量です。そして肌表面に乗せることが出来たら、今度は5分から10分ほど待ちましょう。その間にミネラル成分がしっかり浸透していきます。時間が経過すると、今度は洗い流します。

 

塩を使用するということは体にも良い影響があります。体全身にも使用できるので、顔を行った後は、今度は塩水で体もケアできますね。安全性も高く、なおかつ低価格。そのためにとても良い方法です。効果ありです!肌状態を見ながら優しい洗顔とシンプルスキンケア